心をこめて作ったアグリの赤玉子でぜひたまごかけごはんを召しあがって下さい

安全な理由・おいしさの秘密

↑クリックするとその項目が表示されます

安全な理由

「玉子の安全を守れぬもの、入るべからず」

○消毒ゲート
入口のゲート

入口のゲート

アグリの丘 新鮮たまごが作られているアグリフーズには、玉子の安全を守れない方は入れません。

右の写真のように、入口にはゲートがあります。

アグリフーズを訪れる方は、必ずこのゲートをくぐって駐車場に車を置いていただきます。

 
消毒する旨の看板とボタン

消毒のご説明

このゲート、もちろんただのゲートではありません。写真の看板に書いてあるように、このゲートをくぐることにより、仮に外で鳥のウイルスなどがついていても、消毒できるようになっているのです。

もちろん、お客様だけでなく、私ども従業員もそれは一緒。毎回入るたびに、消毒してから入っています。

それでは実際に、どのように消毒が行われるかを見ていただきましょう。

このページの一番上へ

ボタンを押すところ

1.ボタンを押す

まず最初に看板を読んでいただき、窓を開けてボタンを押していただきます。

もちろん、いろんな車に対応できるように、ボタンの高さも何種類か用意しております

ボタンを押したら、急いで窓を閉めてください。消毒液が車内に入ったら大変です。

 
消毒開始

2.消毒開始

消毒液のシャワーが出始めたら、ゆっくりと車を進めていただきます。

ミッションの車は少しだけ大変ですが、玉子の安全のため、ご協力をお願いしています。

 
ゆっくり進みます

3.ゆっくり進みます

ゆっくりと、確実に、まんべんなく消毒できるように進んでください。

消毒液で前が見えなくなるので、適宜ワイパーを使って下さいね。

 
消毒完了

4.消毒完了

後部まで消毒液がかかれば消毒終了!

ご協力ありがとうございます。おかげで、今日も安全な玉子を皆様にお届けすることができます。

このページの一番上へ

○防鳥ネット
防鳥ネット

防鳥ネット

消毒ゲートはあれど、鳥はボタンを押してゲートを通ってくれません。

そこで第2の関門として設置されているのが防鳥ネットです。

鳥インフルエンザのウイルスなどを運んでくるのは鳥がほとんど。外部の鳥を近づけないのが、一番効果的な病気予防策になります。

鶏舎の外側に全面的に張り巡らされたこの防鳥ネットが、アグリの赤玉子をはじめ、新鮮たまごを安全に保ってくれているのです。

このページの一番上へ

「玉子の安全を脅かすものは徹底排除」

○清潔に保つ
お掃除も欠かせません

丁寧に掃除

消毒ゲートを通って、防鳥ネットで野生の鳥からウイルスを防いでも、鶏舎自体が不潔だとそこから病気が出てしまいかねません。

アグリフーズでは休みなく、毎日鶏舎を掃除して清潔な環境で鶏が卵を産めるように日々努めています。

このページの一番上へ

○出荷するまで気を抜かない
玉子の表面も消毒

玉子の表面も消毒

どれだけ環境を整えて、鶏が健康な玉子を産んでも、お客様にとって安全な玉子でなければ意味がありません。

出荷してお客様のもとへ安全な玉子が届けられるよう、最後の最後まで気を抜かず、玉子の表面をきれいに消毒してから出荷いたします。

ひとつひとつ、おいしく食べていただけるように願いながら丁寧に手作業で表面を拭いて初めてお客様に食べていただける玉子になるのです。

このページの一番上へ

「おいしさの秘密」へ / →→「コレステロールについて」へ

 

アグリの丘 新鮮玉子の赤玉子や白玉子に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!